「本当の楽しさ」を発見するスクール

僕は混雑を避け、静かな空気感を大切にしています。
だからマンツーマン(少人数・完全予約制)で直接心の会話を
大切に海を案内します。
限られた貴重な時間で、一緒に地球を感じてみませんか!?

海が怖いという初心者の方から、
日頃海で遊んでいる人のステップアップ
プロを目指すアスリートのトレーニング
家族で海を満喫したいというファミリーコース
冒険満載の”海人丸道場” サバイバルキャンプ

きっとあなたにぴったりなスクールがあります。
"Feel the earth." 荒木汰久治

14ft.クラス総合5位、年齢別(29-39才)部門1位!!

2013 SUPモロカイゴール!!

沖縄に移住して10年目、今シーズンは遂に僕にも家族ができて元気な赤ちゃんも誕生し日々精神的に充実した日々でした。コツコツと鍛錬を積み上げていく時間のかかるトレーニングをパートナーの園が全面的に応援してくれたことに感謝に尽きません。また今回伴走船に乗ってサポートしてくれた小学6年の愛娘ホノも、沖縄で留守番してくれた小学1年のシュリも、家族全員が同じリズムと世界を目指し、高い意識で10か月間のトレーニングを共にしてくれました。中学の同級生、若尾一家はわざわざモロカイまで応援に来てくれました。林太郎もホノと伴走船に乗ってく応援してくれました。

また今回多くの外国選手たちとも沢山再会できました。20年前にオーストラリアに留学した僕にトレーニング指導をしてくれたモロカイパドルボード初代記録保持者のMick Di Bettaは、50歳を越えた今も相変わらず現役アスリートで大活躍です。今回パドルボード3位になった彼女のサポートで来ハワイしていた全米ライフガード元アイアンマンチャンピオン、今では世界を代表するSUPアスリートとして活躍するAnthony Velaはゴール地点で僕に大きな声で迎え入れてくれました。日本を代表するアスリートの村林君も末松くんも、60才で挑戦するつむらさんも。皆世界を目指す自立した素晴らしい日本人です。志高く、漕ぎ続ける世界中の仲間達へ心から感謝しています、僕は再び来年に向かって前へ進みます。

 

Keep paddling. Taku

( 詳しいレース報告文はブログにて )

過去のチャレンジ

2015 Molokai Challenge
2015 Molokai Challenge
2012 Molokai Challenge
2012 Molokai Challenge
2011 Molokai Challenge
2011 Molokai Challenge

ts dream

「自分の力で島を見つけ、仲間と一緒に海を渡る」

沖縄に根を張り海と一緒に暮らして得た事、
毎年モロカイレースでアスリートとしての限界に挑戦、
ホクレア号のクルーとして学んだ経験を
「海人丸」という夢で活かす。
2005年、海人丸で沖縄から愛知まで2000km,56日間の航海。
今、海人丸2号を建造し中国への航海に向けて準備の日々。
すべては、人を海で丸く繋げるために。
文明に頼りすぎて「つながり」が薄れていく世の中で
僕と仲間が大切にしていきたい「夢」を語ります。